2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲がるカスタムDB01






色々と変更してみてます。

まずはダンパーですが、前回インドアサーキットFにお伺いした際は純製そんままだったのですが、
先日オイル(300番)交換した3レーシング製ダンパーに換装。
スプリングが届いていますので、同時に赤ラベルスプリング(柔)にしてみました。

次にフロントデフをワンウェイ化。
本来はシムを入れるよう図面上ではなっているのですが、シムを入れますとなんだか固い感じになってしまいましたので、今回の組み付けはシム無しです。
ちなみにワンウェイセットにはシムは同梱されていませんのであしからず。

3つ目に前回脱臼事件より対策として一部パーツをアルミ化。
先日のサーキット走行で脱臼した際に聞く話では、あまりあそこは脱臼しないとの事だったのですが…樹脂がしなるのかな?と対策の一貫としてやってみました。
ちなみに脱臼対策はシャフトを少し長いものに換えるというのが一般的なんだそうで。

最後にやっとこせ組み付けしますは、フロントユニバーサル。
ユニバーサルは過去にも色々マシンに組み付けたことはあったのですが、組立からやるユニバーサルは今回が初めてであります。
組立してて思ったのは「手間かかる」ですが、これが駆動効率を良くする原理は体感的にわかります。
そういう意味ではこういう駆動系も組立してみるといい勉強になります。

ウイングは前回のインドアサーキットFで見事に大破しておりますので、今回届いている2枚のうちの一枚を使用。
塗装はしておりませんがそのまま仮組してみましたよっと。
こんど暇みて『ぢぇんとるRC』ロゴでも造って貼っておきましょう!解り易いっ

テスト走行を昨日に続き本日も行ったわけですが、これがまたよく曲がります。
ただ、曲がる原理がちょっと異なる感じになるのでステアリングを先に切ったままブレーキしてしまうとその場回転ばかりしてしまいます。
また、ブレーキ無しでもスロットル離せばイケるかな?と思ったのですが、BZモーターの加速は自然減速では時間がかかりすぎる様子。
う~む、やはりダートチューンに戻してみましょうかねぇ。
2200mAhのバッテリー2本を連続で消化したあとヒートシンクの温度を計ってみますと、、、63度!?
アンプのヒートシンクも41度まで上がっておりましたので、それで終了。
なまじ速いモーターですから狭いテクニカルコースでの利用はやはり向いていないんでしょうね。

次はピニオンとモーターを交換して練習してみますかね。

スポンサーサイト

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gentlerc.blog9.fc2.com/tb.php/10-79970ccc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

☆今日までのアクセス数☆

☆ぢぇんとる的現在のお時間ねこ☆

Amazonでお買い物

最新コメント

カテゴリ

ラジコン (147)
京商 ミニインファーノ09 (3)
タミヤ TT01 (16)
タミヤ TLT1 (2)
タミヤ F103 (1)
タミヤ DB01 (22)
タミヤ デュアルハンター (1)
タミヤ CR01 (2)
タミヤ TNS-FD (0)
京商 DBX (35)
HPI ウィリーキング (0)
Hobao PIRATE (1)
ラジコン三昧☆ (25)
その他の出来事 (24)
I Loveたこ焼き (5)
未分類 (72)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。