2007-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DBX操作不能の件について。

なるほど。
どうやら同系の問題は他にもありそうですね。。
先ほどちょっと実験的に、自前のフタバ2PLを使用して操作してみたところ。まるで問題なく動作します。
が、専用プロポだとやはりマッタク動作せず。

クリスタルはたまたま同じ番号だったので実験したわけですが、これは2通り考えられますね。
プロポそのものの送信機かもしくは、プロポ側のクリスタルの不良。
受信機側のクリスタルは交換せずそのまま純正の状態での確認ですので、まぁほぼ間違いないかと思われます。年明けにでもクレームで送り返しましょうかね~。
なにげに以前にも高回転にしたときに操作がきかなくなった経緯がありますから、ノーコンの原因はどうもこいつのようですね。。よく考えるとバッテリーは充電したての新品使用してたわけですし、たった2パックでバッテリー消費しきることは普通考えてもないわけで。。

送受信機の不良(回転振動で不調、不良が発生する場合)が主な原因と考えれば全部ハナシが通じますし。。
TNSのプロポ(タミヤ)に同じく2PLのクリスタルを移動して操作してもやはり正常に動作しますです。
『実演動画』

DBX、こうもあっさり送受信機不良。。
カタカタゆってるのはデジカメがマクロもーどだからですので。

ただ、走行中に固まるのは受信機側にも問題ありそうな気もしますがね。。

それと思ったのですが、プロポかえると反応速度って変わるもんですかね?
2PLの方でやるとどうも純正プロポよりもステアリングが明らかに速い感じがするのですが。。
やっぱ電波ものは電波屋さんのもんてコトですかねぇ。餅は餅屋っ
スポンサーサイト

絶好調マシンであります。



こいつスゴイ(驚

出来合いのシャーシなんで多少の微妙な調整をしておいての走行だったんですがねー。
微妙なステア操作にちゃんとついてくる。エンジンスロットルも同様。
全開走行を試しましたが、想像以上に速いっ でも、スロットル離すとエンジンブレーキのごとく安定しえ減速します。
本日は燃調もバッチリだせてバリバリと走らせてました。動画がないのが残念です。。
一回豪快に石につまずいて3回転半ほど前転でぶっとんだのですが、ダメージがないのはさすが樹脂パーツというところですか。
ちなみにこのXBモデル。親切に、フロントバンパーとエアフィルター(2層構造なので2個の予備)、ボディピンと、違うボディ載せることも前提でしょうかカット無し状態のボディポールがスペアで同梱されておりまする。プラグレンチもなんだかありがたい。
タミヤは構成パーツの詳細もマニュアルにちゃんと載せてます。

サーボはTP-S3003。消費電力15mah以下/6V(停止時)
           出力トルク4.2kg.cm(6V) 動作速度0.19sec/60度(6V)

トルクが明らかに必要なハズのDBXより上なのかよ。。消費電流少ないから安定してずっと走れるのか。

全開走行の感想ですが、物足りないです。開け足りないと言うことではなく、かなり速いのですが、まだエンジンが余裕ぶっこいてるのが丸解りです。。2速化しないと能力が全然出せて無い感じしまくりですねぇ。おそらくはGPカー慣れしてない人でも、走らせると解ると思います。それくらい余裕が余ってる感じがしますよ。
トップスピードになるまでが一気に加速で、それ以上がまだくすぶってる感じがずーっと続くんですよ。

あと、ノーマルの状態でのサスペンション。なかなか素直な反応をみせてくれてますが、少々やわらかい感じがしますねぇ。パーキングスタイルだと路面悪いですからあれでもいいかもですが。
タイヤに関しては交換は絶対条件のようで。マシンパワーに全然負けてます。
今日は走らせただけで、もう2割くらい山がなくなってる。。ブレーキも全然すばらしい効きなんですが、タイヤが負けちゃってホイルロックすぐしてしまって、そこからの制動距離がすごいです。ちょっと危ない感。

でも、調整し甲斐がありますなー。エンジンつきTT01とゆって遜色ないくらい扱いやすいですよ~。

明日で色々おさめです。


色々です。
後は正月休みでまったりです。ええ、まったりと…新年早々まで爆音あげて暴走し…ますかね?
たぶん、先日行った遊園地跡の馬鹿っ広い駐車場で、インプレッサをバリバリっとこう走らせてることでしょう。
新年早々GPカー持ちを集めて、各車ライティングしまくりながらエンジンふかしてたら、ヨソから見たらどうみえるんでしょうね(笑
あ、そういえば燃料もうすくないや…明日買って来よう。

ところで皆さん。
忘年会やってますか!ワタシは30日が予定ですな。多分翌日まで…。んで、毎年恒例の『くたびれたまま新年を迎える寝正月』にちがいないと予想しとります。
本年もあとわずかでゴザイマスよ。燃料は(ガソリン)入れとけ(グロー)買っとけですよっ!
灯油もわすれずにねっ!


PS/クリスマスはどうお過ごしでしたかー?
   ワタクシは高校の時依頼の毎年恒例っ(またかよ)ケーキ1ロール一人食いをやりましたっ!(死
   ああでも、30超えるとサイズがちょっと弱気です…デコレーションケーキとかもう無理ね…。

TNSの慣らし運転をしようっ


タミヤXBシリーズのインプレッサ。
この子だけプロポが違うデザインで載ってましたのでコレにしたわけですが。
んー。一番の印象は『マニュアルが解りやすい』ですか。
まったくラジコン自体を知らない人がやった場合は、想像できない状態もありますのでなんともいい難いのですが、簡単な経験さえあればある程度読めば安易にとりあつかえるよう書いてありますね。
さすがはタミヤ。GPカー初心者が使うの前提で作ってます的なイメージが取説読んでて良く解ります。

こんどはだだっ広いところで慣らしです。
慣らしなので、こんなに場所いらんのですが…。
地元人はお気づきの無駄に超広い『唐●浜●ーク』であります。遊園地もうないから余計無駄。。
画像のエリアの3倍はすっからかーんです。。

さて、スロー・パイロット共にジェットの基本位置は書いてあるのですが、スローは基本さわらなくていいよーって書いてあります。触った場合は何回回し~みたいな回転数ではなく、ジェットを入れてある穴の外枠にジェットピンののツラ位置をあわせるようにと記載してあります。ふーむ。
ちなみにパイロットの基本設定は2回転1/8戻しだそうです。

とりあえず燃料2パック分ほど慣らしです~。
アイドリング動画?

TNS-FD慣らし中動画
ワザと気持ちかぶらせる感じにして慣らしを行っていますです。このほうがあたりが出やすいように思ったので。やはりマフラー先からちょっとずつ燃料でてます(笑

慣らしをしたのでちょこっと燃料濃い目のまま、低速運転です。
動画?

TNS-FDインプレッサ慣らし走行。@超低速
スロットルホトンド握ってません。ちょこっとだけ握って走らせています。燃調まだとってませんし。
しかし、スッパスッパハンドル切れます。足先がDBXに比べて軽いですから、そりゃーとうぜんといえば当然でしょうけど。
後2~3回はのんびりタラタラ走らせて、キッチリあたったらぶぃーんっ!といきますかねっ

PS/マニュアルに載ってるだけでも結構な数のオプションがありますです。最初からそのつもりかっタミヤっ

快晴にてDBXでギャンギャン土手を走るっ


ほんじつも快晴でありますっ!
こういう日はドッギャーン!と走らせるべきなのでありますっ

近所のバイパス沿いに広~~い土手がありますので、本日はそちらで走らせます。
現地に到着、しかしっ!昨日本日と晴れているにもかかわらず、みずたまり(小)が多数あるますっ

仕方がねぇ…やるしかねぇ…。

と、走行を敢行っ 水溜りなど「あたらなければどうということはないっ」
早速エンジン始動です。例のスタータ用電池とプラグヒート、好調ですねぃ。
サクっとかかるようになったですよ。お陰で今後の筋肉痛が軽減されそうであります。
さて走行動画?

晴れた日のDBX動画@ちょっとデザート路面
まぁみたままですが、ちょっと速度あげると制動距離がすごいことになりますです。タイヤとか路面コンディションにあったサスセッティングしなきゃ全開はこわくてできません(笑

こんどは草と水溜りのある上で走行動画?

晴れた日のDBX走行動画@草の生えた土手を送破してみる
この日はとても『運』がいいようです(爆
画像でわかりにくいですが、草葉のなかにどさくさに水溜りが2箇所あり、奇跡的に避けてます(汗
オトコは度胸でいきゃーなんとかなるもんですよっ

だいぶ燃料の消費間隔がわかりだしたので、のち数回走らせましたが停車後ちょっとして燃料が切れるくらいになったです。ガス欠直前のあの加速は怖いですから…。

しかし、この純正ホイール、相変わらずデザート路面ではかなり砂利噛みやすいですねぇ。ほとんどコーナーリング時に噛んでます。あの穴とオフセットがちょこっとイケてないかもですねぇ。ダートだといいとは思うのですが。
ああ、それと強度ですか。私の場合地走りしかしてないのですが、画像の通りわれちゃいました。フロントにほうも1個クラック入ってます。車重もあるので強度が足らない気もしますね。やはり穴無しホイールを注文しましょうっ

さて、4パック消化で本日のDBXは終了っ
寒くならなかったら新車の慣らしでもしてきますかね

新車納車完了






先ほど納車されました。

これなかなかいい感じですね。そのままつかっても遊べそうなくらいがっちりしてる印象ですよ。
やはりこのサイズのGPカーだと樹脂シャーシはなんとなくですが、強度が心配…。
基本的にタミヤのTT01と印象がほとんど一緒な感じがします。動力の配置とか伝達の方式も一緒ですしねー。

足回りとかもなかなかしかkリしてますが、一番興味引いたのはボディですね。
やっぱキレイだーとおもって裏みたら、塗装!?プリントじゃないのかよっが最初の感想です。
次にライト部分ですが、ちゃんとマスキングしてからの塗装のようで、ライトが簡単に仕込めるようになってました。これでリアルなライトつくってすぱーっと走らせたらカッチョいいよなぁ…という気持ちに揺さぶりをかけているタミヤの陰謀が見えまくってますっ
ふぅ。危うくLED注文するところだったぜ…。

2番目に気に入ったのはフロントならびにリアのダンパーステーピンとでもいいますか?ピンですね。
U字形状で簡単に引き抜けるために、デフカップのグリスアップやドッグボーンのチェックなどが超らくちんです。当然ユニバーサル化もワンタツっ…タミヤの陰謀がみえてますっ

トーやキャンバー角などは固定のバーで組み立てされてますが、ボールジョイントでの取り付けなので、ダレでも簡単にアジャスタブルにすることが可能っ。ブルーアルマ…タミヤの陰(以下略

ほじればほじるほど、SPパーツを導入しなきゃー的な仕組みのようです。おそろしや~。
エンジンはDBXに比べるとちょっと小柄な感じですか。走らせるのが楽しみですなー。

ダート走行のてすと



いまだにドゥルガ組み立ててません(汗

GPカーが面白くてそっちをちょいちょいつついてる状況です。本日さきほど宅急便さんからTelありまして、16時頃【納車】されるそうです。インプレッサが…。

というわけで本日は良く晴れてましたので、近所の運動公園にずばーっと走らせに行ってまいりました。
DBXかかえて。

現地に到着して気付いたこと。デジカメのメモリも電池もからっぽした。撮影ができねぇよっ!ふんがーっ

しかし、横着なわたくしは近所であるにもかかわらず、はっきりいって戻る気マッタクありません。
すかさずポケットから携帯を取り出し、頑張って撮影してみましたよっ!

keitaiDBX20071223
撮影時間短っと思ってるアナタ。
携帯のMicroSDすらもいれるのを忘れてて、本体メモリだけでがんばったワタシをたたえなさいっ

本日できた課題ですが、吸気バランスですか。
アイドリング(静止時)とスロットル(動作時)では状況がぜんぜんかわるのは解ってましたが、基本的にGPラジコンのエンジンは、安定状態で結構回転高いですよね?実車の車やオートバイのような状態にはならんです。排気量の関係が大きいのでしょうが。
実車のキャブ設定とかにそこそこ慣れているために、上手いことあわせる感覚がつかめませぬ。
フィルターはずして0.3mm開けはわかるのですが、それですら感覚のものなので、なかなか上手くいかない…。
フルスロットルなるとかぶってエンストばっかりです。結局、おそらく0.5mmくらいであろうあたりでなんとかアクセル開けられる状態になったので、とりあえず本日はそれで走行しました。白煙のあがりかたとか、ちょうどいい状態がどんなのかって参考がみたことがないので、とりあえずそれだけでもと、帰宅後にちょっと撮ってみましたよ。

DBXアイドリング調整てすと確認用y


ご意見アドバイスいただけると幸いです~。
ちなみにこれで0.5mm(くらい)開けのスロー・パイロット共に2回転1/5戻しくらいですね。


あーあと、やはりフルアクセルともなると余計ですが、エンジンにかなりパワーがある上にあのごつい幅タイヤですのでステアリングが力負けしますねー。速度あがるほどとんでもなくハンドル切れない…。
一般バギーは後輪(幅広)前輪(細)の理由がよくわかりましたね。
路面障害というか接地面広くて抵抗おおきすぎるから、ステアがまけるんだな…と思いました。
実車で一般人LVだと、そんなことまで考えたこと多分ないですよねぇ(笑
いっそ9Vの角型乾電池とかにしてくれてりゃ良かったのにとかおもってしまいました。
幼児用のおもちゃラジコンですら9V乾電池つかうのにねぇ…。

プラグヒート




京商さんのヒートプラグをDBX購入の時に同時購入したのですが、これがまたずぐ壊してしまったようで。小柄で携帯も楽だったのでお気に入りだったのですが…。なんとか修理できんのかなぁ。

先日アイドリングなどなど、燃調調整やったときは何回かですぐかかってたのですが、本日はまったくエンジンかからないDBX。ウデが筋肉痛になるくらいリコイル引きましたよ…購入当時以来ですねぇ。
いくらなんでも本日はそこまで冷えているわけでもないので、おかしいとおもいまして。
ああ、プラグヒートはちゃんと充電済みですよ。充電に12時間くらいかかりますから、前日からチャージしてたんですが、今日つかうと一向にエンジンかかりませぬ。
この充電式プラグヒータ。充電時に専用充電器のアダプタ側のパイロットランプが赤く点灯するのですが、チャージ完了時の状況は実は解りませぬ。説明書にも書いてない。残量とか充電状況がわかるものがいいですよねぇ。

とりあえず何回頑張ってもエンジンかかりませぬゆえに、おかしーなーってことでヒーターのなかを覗き込むと…なんか変なことになってますがな。
センターの受け金部分がつぶれて周囲に拡張しております。もしかしたら、充電そのものもできていない可能性があるような。。仕方がないので新しいのを購入しようと模型屋にいってみらところ、こういうものがあったので購入してみました。
前のとの違いはみたままですが以下の通り。

?ヒーター独立。がっちりかみこむ口金(-)と幅広い受けがね(+)が確実なヒートをお約束。(コネクタ壊れたら交換可能。安価)
?電源は別供給。(携帯性はちょっとデメリットあり)
?今回購入の電池はバッテリー形状で使いきり。(充電不可でもったいない気もしつつ)
?バイタル電池なるこの電池。ランプ付きでプラグチェックや電池の大体の残量や状態がチェックできる。価格が1300円前後

けど、この電池だと通常の使用レベルで半年近くつかえるよーとききまして。
あ、店主の兄ぃちゃんの話ぢゃないですよ?あやつはもう、「いいからダマされて買え(にやり)」とかいうやつなんで(笑)
たまたま来てたお客さんがエンジンカーお持ちだったので、そう聞いたから買ったのです。
ついでにエネループを追加で4個購入。
所詮乾電池だとニカドでも1.2Vですから電流量の違いはあってもサーボのパワーをあげるこたーできないと踏んだので、急速消費分は交換で対応の方向で~。
エネループはちなみに1.2V2000mah(1900mah)です。
電池も6Vのデジカメ用CR123とかつかえるとちょっとは変わる様な気もするんですがねぇ。小さいからいいと思うし。その辺りの電池で使えます的なバッテリーケースとか作ってほしいですねぇ。

明日はエンジンかかるかなっ!?かかったら唐●浜パーク駐車場(結構広い)で、激走だっつーの!

ちょっとした工夫。



これ画像みてわかりづらいですが、防塵対策のひとつです。

DBXはギヤデフボックスの下部に穴が開いてるので、どうしてもスキマがでやすく砂とか埃かんじゃいますからね。何回か走行してのちに掃除するとわかります。前後デフの下になにやら入ってたりとか。
たいしたことではないのですけどね、スキマ侵入対策でシリコンテープを貼っています。

走行後の画像をUPしてますが、このとおりです。こんどはダート走行で実験したのちUPしようかとも考えてますが、効果はありそうですね。幅広のセロハンテープでもいいとおもいますです。
しっかりグリスアップしたとこに物理的に砂噛むのはイヤーって方。やってみてはいかがですかね?

ダートとゆえば。

やっときましたダートブーツ。おそすぎるよHPI…消耗品すぎるモンだから常備しといてくれょ。。。
サベージ用ですが、思ってたのと少々形状が違う様子です。中間部がちょっと膨らんでて、デフカップ側がちょっと厚みがあるようになってます。しっかりとまりそうだ。これでデフカップにグリスたっぷり仕込めますね~。

後は、穴無しホイールがくればバッチリダートいけそうなヨカンっ
その前に燃調きっちりあわせないと。。。マニュアルの調整では燃料濃い過ぎてお話になりませんゆえ。。

さぶいっエイゴでいうとSA BU Iっ


さすがにサブイですねぇ。昨晩から急に冷え込んできたですよ。

近頃はすっかり冬で、日が落ちるのも全然早くって。

本日とうとう『石油ふぁんひーたー』使用しましたです。現在室温24度。あったけー。
灯油買いに行ったんですが、値段があがってるって。18リットル1780円くらいだったかな。去年と比べて、約300円ほどあがってますかね。ガソリンほどではないからあんましきにしてませんが。

しかしながら、灯油は値段があがったとはいえ、電気代にくらべればやはり「屁」でもないのですよ。
暖房はやはり【火力】のもんです。ヒーターではバーナーには勝てないのですよっ

かの有名なあの御方もこういうてはりますですよ。





ザクとは違うのだよ。ザクとは。



…冬はどーもニガテという話。

ノーコンクラッシュ…そして再び再起動っ

このDBXというマシン。壊してもスグ直るような設計思想ですね。多分。うまいこと作ってるナーと思います。
シャーシ中央より後部にはほとんどクラッシュ時のダメージがないです。
シャーシ前部が傾斜取ってるのはなんでか?とうは話を先日メーカーさんと色々話したのですが、なるほどダメージはかなり殺せるようですね。
フロントにしてもシャーシがそりあがって、センタープロペラシャフトがまがりますが、こういう機械つつきが比較的慣れていれば、万力でくくーっとまげたら簡単にまっすぐになります。
交換はだいたい、フロントダンパーステーのピン4つどれかがちょっとまがるのと、ステアリングサーボステーが少々まきぞえで曲がるくらいですね。
どちらも交換するにはやっすい部品です。すばらしい。さらに、京商は部品注文すると届くのがはっやっいです。すばらしいっ

だいぶ、分解組み立ての回数こなしたお陰で、メンテナンスにかかる時間が大幅に減少しましたね。
マシンが自分の物になってきた感じもしますなー。
電池面の改良さえすんだら、ノーコンの危険性がぐぐっとさがりますからねー。そしたらシャーシ新品にしようっ

てことで本日は初動画っ

さほど広いところではないですからねー。
ぐるぐる回すのが精一杯ですが…。あ、動画はデジカメで撮影しました。ムービーカメラないもんで(笑

しかし、今回はあれです。外が冷えている所為か、燃料調整がボ妙な感じが。
ずっと気になってたのは、走行後にシャーシみると、大なり小なりですが燃料が垂れてるんですよね~。
チャンバーのジョイント部分からにじんでいるようなきがするんですが。
やっぱ多少はたれちゃうもんなんですかね?

DBXとりあえず修理完了!



うお!本日は来訪がすごい多いっ(驚
あ、こんばんわー。ぢぇんとるです。いつも閲覧してくださってる方々ありがとうございます。今後とも宜しくお願いします~。

さて、一部部品は手前で加工調整しましたが、なんとか組みあがりました。

とりあえず第一段階として『まともに走る』を目標に修理してみました。
角パーツの組み込みにはひと手間ふた手間加えつつ、精度を上げる方向でやってみたつもりです~。

粉砕したベアリングを含み、足回りのベアリングは全部総交換しましたです。
純正のものはとりあえずフル撤去。ワタクシの昔から愛用するメーカーNTNのTAB軸受けのものを使用です。こいつならばよっぽどの過重がかかったとて、ラジコンくらいのものなら本体はツブれてもベアリングは大丈夫であろう…。なんせ重工業機のプレス部稼動部分に使ってるヤツですから。ちょっと高級です。

各所の防塵もちょっと考えてます。注文が随分前にもかかわらず、いまだに届かないダンパーブーツ…。HPIはなにしとんだっなにをっ。サベージ用にゃいるだろあれっ
毎回あたらしいサベージ出した時しかすぐ出荷しないのはどういう了見だっ ムキーっ
ということで、ダンパーブーツなしで実験準備開始です。

もともそみたままですが、ステアリングサーボの下に丸々スキマがあり、そこから個砂利がモロに流れていたのはわかりました。あと、一回走るとメカボックスの中がえらいことになってます。
マフターのしたがぐぐーっとあいてます。後部でフ周辺ががら空きで、ボディが隠せていない部分があります。
以上の点から、それらの部分を一気にスキマ埋めてしまえば、ダイブ場メー時は軽減できるのではと考え、画像のようなことを組み立て時におこなっております。
サンド路面での走行はまだこわいので、走行テストは通常路面で行いますかねー。

京商さんの対応。


分解を散々して色々調べ上げた結論が、『組み立てたやつが悪い』に行き着いたMyDBX.
本日クレームのお電話してみて、色々お話をしてみましたですよ。

マシン交換の件も考えてはみましたですが、交換しても大量生産の組み立て品ですし、リヤデフ中にパーツに載っていないワッシャが入っていたことや、エンジンのガスケットが入ってなかったコトなども含めて、まぁメーカーサイドで一台一台そこまで管理が行き届かないのは当然理解はしていますが、『部品より組み方。組み方が粗悪でせっかくの部品が簡単に破損』であると考えていることから、交換は逆に怖いと思いそっちの方向では話してませんです。

実際そういうケミカル面の件については、きちんと認めて謝罪がありましたので、そういうところはやはり同じトイホビーを楽しむ仲間的考えでもってとても素直に謝ってくれたんでOK!にしときましょうっ!

え?昨日キレてたんじゃないかって?!

…キレてないッスよ?俺ぁキレさせたらたいしたもんだ(もう古いか…。


色々マシン面のお話をさせてもらったんですが、なんとメーカーさんここみてらっしゃるようです(驚
メーカーさんはちゃんと自社商品の生意見を、ネット上からもかき集めている様子。
電話したとき、「いつもブログ拝見してます」といわれたときは驚きましたねっクレームの電話でそんなん聞いてちょっとうれしくなってしまう辺り子供ですね…ワタクシ…。
しかしまぁ、クレームの内容で個人を断定してらゃっしゃった辺りが一番びっくりです。ちゃんとホビーメーカーしとるんやね…。

ええと、わがDBXですが色々調べるうちに問題箇所が出てきております(ここには載せていない部分もあります)ので、その辺はクレームとしても情報としても色々お話してありますので、今後のDSTには反映してくれるっ!んじゃないかな?と勝手に思ってます。ぢぇんとるです。

散々ぶっ壊れてるとこ見つけながらちょっと楽しんでいる自分にちょっとアレかなと思いつつ…。

PS1:壊れたサーボは自前でフタバのアナログのにしました。消費電力抑える意味も含めて~。
   どーせかえちゃったんでイイヤってことで返品せずに資源ごみの日にすてちゃいますっ
   おちゃんさんの電池ケースバッテリー化計画(勝手に仮)を期待しつつ。。

PS2:メーカーさんとお話して色々わかったこともあるので、先日から考えていた改修面をこれから実行していこうかと思いますですよ。あんまり期待しないでお待ちください。

これは酷い…。




どこまでやり直しやら点検やらさせる気なんだと思うくらい酷いです。
まぁやりがいはありますが…仕事以外でメーカーのおケツ持ちするのもどうかなぁと思いつつ。

どうもリヤの初期からの不具合はギヤでフだけではなかったようです。
数日振りに組み立てをと思ったら、分解しててわかりました。ハブの回り具合がおかしいとは思ってたんです。そりゃー硬いのでおかしいとは思いますよ、普通。
ベアリングが悪いかなにかではないかと考えて、アクスルカップを手でおして抜いたんですよ。簡単に抜けました。が、ベアリングも抜けました。ええ、木っ端微塵でしたが…。

後は説明より画像みたままです。アップライトの内側がなにやら溶けてしまってます。
ギヤデフもプッシュOリングがめちゃくちゃな状態でしたが、同じ側のリヤアクスルもどうもイカレポンチの様子です。
たった2走行。燃料にしたら2回分しか走らせてないんですが。。困った物です。
また京商さんにクレームつけなきゃいかんです。ベアリング送らせなきゃ…。ここまできたら、エエ加減車体を丸ごと交換させてもまた同じような気がします。組み立て前の状態で一式送れって言いたいです。

結論、DBXは出来上がり品ですが、グリスアップとかケミカル面は全然まともでないです。
最初走っても次にはイカレるという恐ろしい時限爆弾を抱えてそうです。マシン自体はちゃんとつくってりゃ全然いいマシンなハズなのですが…。メーカーよりも作ったやつ電話にだせっ!と思いつつも、コツコツと直せる部分だけ調整とかグリスアップこまめにしつつ再生させてますが…コレ新型のハズだよね?とも思いつつ…。

うぅ…。稼動するのはいつの日か…。誰か助けてクレー

リヤデフトラブルの原因発覚!






わかりましたねこれ。

ばーらばらにしてやったらまーよくこんなんであんだけ走ったわ、と思いましたね…。

まずデフボックス内部ですが、なんか良く解らない粘度のグリースが中途半端な量でこんもり。。
粘度の所為か、後からつめただけだからか、各所の細かいところにはグリスはほとんど浸透しておらず、ギヤの抵抗としてしか機能していないような感じでした。
昔はやったアメーバ状のおもちゃみたいです…。パ^ツクリーナーでもおちない代物です。
仕方が無いので、オートバイのメンテ時のやりかたで、灯油につけて歯ブラシでこすって洗い落としましたです。

で、肝心の中身なんですが、ギヤデフ自体はTT01Dのノーマルデフギヤとは違い、片側だけがベアリング、片側赤いO型ゴムブッシュというものです。画像のとーりです。

んで、補修部品で取り寄せたデフギヤセットの中にある、同じゴムブッシュと比較すると…でかいほうが中に入ってたやつです。スデにたるんだ状態でした。摩擦でキレーにゴムが逝ってしまってる感じです。
あ、フタ開けただけでプルンて出てきましたからね。このOブッシュ。入ってるべきところのくぼみより大きくなっちゃってまぁ…。
問答無用で即交換。ちなみに、トラブルのあったデフが機能してなかった側は、Oブッシュの着いてる側ですね。

つぎにデフギヤ中身の構成ギヤで小さいギヤが2つあるのですがこれのセンターシャフトが恐ろしくかじってました。ゴリゴリですね。これはヒドイ。。バリとリもせずにそのまま突っ込んだ感じです。
デフ内部の部品を全部振動洗浄バスタブ(笑)に浸けてブィ-ンとしてみたところ、ものすごい鉄粉とかキチンと形になってるバリ粉がいっぱいでてきました。。こレは酷い。。全部鉄カスですよ。
ギヤも噛み後があるものもあったので補修用に取ったギヤキットのモノと交換です。無論、全部バリとか
チェックしてから組み込みました。

シャーシのセンターズレ問題の件もあるし、再生はもちょい先になりそうですね。。TTとDBであそぶかなー。

くの字配列事件



修理用にとりよせたパーツが入荷したので、早速本日は各所分解メンテしつつ組み立てです。

と、おもったらっ!?
なんといきなり事件です。画像の通りですがギヤデフボックスの配列が妙です。
たぶんですが、通常こういうプロペラシャフト系やセンターベルト系などの駆動動力伝達系は、ねじれたりくの字に配列は恐らく無いと記憶します。これではあまりにセンターに負担がかかりすぎる。。

最初はシャーシ側にあいてある各所パーツ固定用ネジ穴の遊びの分だけ寄ってしまったのだろうとおもっていたのですが。。遊びがマッタクないのです。これがまた。
エンジン固定用の穴以外は左右の固定位置調整用の遊びがないのです。これはいったい。。

知人の製作所でフロントとリアのデフカップのセンターを出してもらって、解りやすいようにマスキングテープで目印つけて再度撮影。………。まぁセンター見てもらった段階で「数値的にはだいぶちがうところに固定穴あいてるね~(笑」みたいなことは言われてたのですが、こいつぁいったい。。
これではセンターのデフギヤ部分に余分に負荷がかかってしまい、デフカップがイカれてしまうでうわないですかっ。ス阿附とが曲がってるとかならまだしも、パーツ配置そのものがおかしい疑惑ではなんともできませぬ。

早速京商さんに、製品の製造番号添えて問い合わせのメールフォームを送信いたしましたです。
もしかしたらリコールもんなのか!?

頑張っていってきましたっ




DBX部品うけとってきましたよー。
補修部品が平均的に安いDBX。壊してもさほど痛手はないようで。
とりあえず、これでやっと修理が開始できるよーぅ。
ついでにRCワールドとRCマガジンも買ってきましたっ
DBXの記事がどちらにも見開きでデカデカと掲載されてますな。書いている記事にはいつわりはないような感じです。確かにブレーキやマシンパワーに関しては結構良いマシンだとおもうし。
それでもまーぶっ壊したのは、燃料の薄くなったときのコトを経験していなかったことと、例のデジタルサーボの急激な電池消費によるノーコンがこれまた予測できなかったことですな。

しかしながら、修理後は足回りもキチンと整えた状態で走らせたいと思うので、今度はキッチリ遊ばせてもらいますよー。

しかし…いきなりの失点です。画像見ての通りなんですが、知恵というか知識薄のために、浅知恵でホイルのディッシュ化を図ろうとTRF501Xのリヤホイルを購入してみたんですがね。あーららら。とっつあ~ん。ですよホント…。DB01届いてからにするべきでした。
見事にはいりません。使えません。まードゥルガに使えばいいか…。どうも規格がまるで違うようですね。ツーリングタイプと同じように考えてたのが敗因です。や。勉強になったっ!
小石対策のためにどーにかディッシュ化をしたいのですが、又ホイルに関しては調査の必要があるようで。だれか使えるホイル情報ください…。
ダンパーブーツはまだ入荷してないとかで、足のp改良に関しては後回しになりそうです。
明日は板金するぞー!@シャーシ。

ヤツがきたっ


とうとう届いてしまいましたっ!DB01ドゥルガ。
早速中を明けてみるとうほーギッシリです。トイラジは開封直後のギッシリ感がなんかうれしくなりますねー。なりませんか?なるでしょっ!

ダートチューンモータとフタバの2PL230MCパックに標準装備のサーボS3003と受信機ですね。
最初からいくつか専用オプションでてるし、TRF501Xのパーツがかなり流用菊のですが、いきなしハイパワーハイスペック化はワタクシには勉強になりませんですし、とりあえずオフロード走行を色々研究していきたいのですよ。
DBXはあのザマなので。。。オフロードの練習すすんでませんし、、、あ、でも部品取りに行ったら直りますけどねっ!夕方日が暮れるのが早いのでサブいからいけずじまいっ!家かえってあったまっちゃうとホラ…ネェ…ワカルデショ。

早速組み立ててもいいんですが、今回は保留にしとくことにしてます。DBXの修理と平行して作成を行うことで、同じオフロードでも、メーカー差異とか、仕組みの差異とかを見るいい機会になりそうですしねー。方やエンジンセンターシャフトタイプ、方やモーターセンターベルトドライブタイプ。
比較しながら走らせるのは楽しみですねー。もうちょっとで、後で追加注文したブーツ届くとおもうので、明日明後日くらいからDBXの改修作業にはいれそうです。

DBX改良計画進行中。



とりあえず補修用に注文した部品はきたそうで。
追加注文で試行錯誤の結果でた、ダストブーツの各所流用を実験してみるために追加注文しときました。
主に使うのはセンターボライブシャフトのボーンカップのとこですね。グリスキッチリつかいたいというのもあるんで。あーあと、前後の足回りドライブシャフトのギヤデフ側カップのとこも。アップライト側はやらないです。ベアリングどうせぼろぼろなるし~。掃除するときあのへん全部バラすし~。

あとですねー。ホイル内側に小石噛みまくった件ですが、よくよく状況考えるとですね。ホイル内に石がかんでたのは、常にステアリング切った時で、噛む石は毎回銃声のホイールの穴にちょうど入るサイズなんですよ。
レーシングバギーお使いの人のサイトをぐるぐる回ると、どうも『ディッシュホイール』なる、穴なしホイールを皆お使いの様子。どうもそれが対策の糸口のようなので、先日でたっぽいTRF501X用の蛍光色ディッシュホイルも注文。蛍光色だと離れててもステアリング切れてるかわかりやすいしね。タイヤはとりあえずそのままつかってみようってことで、注文したホイールはリヤ用2組。
後はシャーシの板金あるのみなんですが。。。暇がありませぬ。あとちょうどいい硬くてフラットのとこがありませぬ。くそーっ!誰か硬いモンもってこぉーいっ!

後、分解した時にきづいたのですが、どうやら前後共にギヤデフBOX(ギヤボックス)とシャーシの間、もっきしスキマがあるようで。
あそこにあれだけ小砂利みたいなのが入られると、裏側からデフカップのベベルギヤが丸々みえちゃうようなギヤボックスなので、埃程度ならいいのですが小砂利がギヤ自体に噛んでしうと色々具合悪い。
ということで、スキマ対策でシリコンテープを一枚張ってやろうかと思ってます。

工作はまた材料そろってシャーシぶっ叩いてからとゆーことでー。

キャンバーをさわってみる。




我が家のTT-01Dはノーマルポジションです。まにゅあるどーりというやつですな。
概観上もホイルに傾斜がなく、ふつーな感じです。
足回りの違いとゆえば、リヤ周りのトーインが2度になってるくらいですねー。とゆーわけでキャンバーを少々さわってみることにします。先日購入したキャンバーゲージを使って早速の調整ですっ
が。。はやくも問題が発覚しましたねぇ…なるほど。これがTTから他のシャーシに乗り換える人が居る理由か。
限界がすぐみえちゃうってことですねぇ。セッティングの練習とかには非常によく、壊れにくいという最高のメリットはあるものの、ちょこっとセッティングを絞り込もうとすると、その自由殿幅がすくないと。。
しかしそれでもできないわけではないので、早速挑戦です。とりあえず、ガがーッとナナメにしちゃりましょうっで、絞込みの限界までたおしてやりましたよ。そうしたらば…ステアリングがきれねぇ!なるほど、ステアリングアームに変な負荷がかかるようですな。ながさなおしてやんないとまともにまがらぬ。。ということは必然的にトー角も変わるということに。。ええいっままよつ

なんとハンドリングができるようなところまでアームの長さを調整し実走行です。
まずは感想。まっすぐはしらない。。。トー角がアウトになってるんでバッチリグリップして、ドリになりにくい。。ちょっとセッティングのやり方自体一回調べた方がよさそうです。。

とりあえず、1パック走った後駐車しときました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

☆今日までのアクセス数☆

☆ぢぇんとる的現在のお時間ねこ☆

Amazonでお買い物

最新コメント

カテゴリ

ラジコン (147)
京商 ミニインファーノ09 (3)
タミヤ TT01 (16)
タミヤ TLT1 (2)
タミヤ F103 (1)
タミヤ DB01 (22)
タミヤ デュアルハンター (1)
タミヤ CR01 (2)
タミヤ TNS-FD (0)
京商 DBX (35)
HPI ウィリーキング (0)
Hobao PIRATE (1)
ラジコン三昧☆ (25)
その他の出来事 (24)
I Loveたこ焼き (5)
未分類 (72)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。