2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビコン届く





というわけで、ルビコンボディが入荷しましたよ。
予測はしていたんですがね。。。デカイネ、コレ。
ワイドトレッドの中でも格別にでかくなるオプションNO1のクローリングコンバージョンをセットしたわがTLT。
しかしながら、ルビコンボディからしてみれば小さい小さい。というかじゃすとふぃっと。
リーチはこんなもんでちょうどよさそうですねぇ。

で、カスタマイズの試行段階に入りまする。
画像の右左で分かれているやつがありますが、それをよく見てください。
最終的には左のような位置にパイプを持っていきたいわけですよ。
ダンパーはとりあえず仮組です。あんな位置では使い物にならんどころか伸縮稼働もしないので。。
TLTはホーシングのアンダーにパイプがあるために、車体の半分のサイズの岩個体とかですとパイプが突っかかってハラシタこするところまで行かんのです。
腹まで乗っかれれば4WSにでもしとけば、幾分なんとかなるとは思うんですけどね。
最初L字に曲げようかとも思いましたが、ジョイント部位が当たってのことなので根本が解決しないと判断。
設置位置を変更して対策してるところなんです。
しかし、TLTのパイプジョイント部分は遊びが結構少ないです。
持ってる人は解ると思いますが、ホーシング上部のジョイント金具がV字で取り付けになっています。
そのため、ノーマルのダンパーではねじれに元々激弱なので自由に稼働できず突っ張ったり、ダンパーシャフトが曲がったりしてるようです。
自由稼働できるようにするにはジョイントを再設計で作るか、もはや手に入らないっぽいJunFacのコンバージョンキットのホーシングジョイント部位のみをなんとか手に入れるかです。
さーどうすっかねぇ。。

スポンサーサイト

TLTカスタマイズ用意中


ひさかたぶりのTLT記事です。
とゆってもまだ準備段階ですが。

さしあたって、バーグのシャーシがなぜが売りに出てまして。
かなりに安かったので思い切って購入です。
今回のTLTの欠陥修正は、ベルト駆動の反動で前進後進時に車体が無駄に傾く点。

これさえ直ればだいぶ使い勝手が変わるというものです。
その対策準備の一環でシャーシを変えて見ることにしました。

とうぜんギヤボックスを用意する方向で動力は対応する事になります。
ボックスも思案中。

おっと、出勤前にてこれにて~。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

☆今日までのアクセス数☆

☆ぢぇんとる的現在のお時間ねこ☆

Amazonでお買い物

最新コメント

カテゴリ

ラジコン (147)
京商 ミニインファーノ09 (3)
タミヤ TT01 (16)
タミヤ TLT1 (2)
タミヤ F103 (1)
タミヤ DB01 (22)
タミヤ デュアルハンター (1)
タミヤ CR01 (2)
タミヤ TNS-FD (0)
京商 DBX (35)
HPI ウィリーキング (0)
Hobao PIRATE (1)
ラジコン三昧☆ (25)
その他の出来事 (24)
I Loveたこ焼き (5)
未分類 (72)

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。